最近のトラックバック

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

マシン増設その1

今日は「街角フィットネス」エクサスのプチ改造デーでした。

昨日今日と続けてこられた会員さんは、「何か変わった~」と口々に言って頂けましたが、増えたことと言えばトッドミルをさらに一台!増設だけです。

それに伴い、各マシンの配置を変えましたので、少し広く感じます。

6月に入ったらすぐに、また増設する予定です。

とにかくエクサスの会員さんに待ち時間などでご迷惑をおかけしたくないのですが・・・どうしても夜は。。。

次のステップも日々考えているのですが、まずは今の環境でベストを尽くさねば、との思いで、対策を練っています。6月は何回かプチ改造をする予定ですので、お楽しみに。

エクサスニュースも出したいのですが、ちょっと余裕がありません。でも、6月は出しますのでこれまたお楽しみにっ!!

脂肪燃焼体感キャンペーン

というのは、ヴァームを出している明治乳業のコピーです。

近日中(今月末か来月頭)に始めますが、先着200名様に運動前にヴァームを無料で飲んでいただいて、その有効性を実感してもらおう、という企画です。要はタダでヴァームが飲めますので飲んで運動してみてくださいよ、ということです。みなさん、ぜひ体感してみてください。

運動中の水分補給は必須です。喉が渇いたと感じたら、速やかに水分補給して下さい。これから暑くなってきて、脱水症状も防がなければならないし、運動のエネルギーを補給する意味でも必要です。水では太りませんし、水分を摂ったほうが、代謝も良くなり、汗も出やすいので、運動した、という気にもなりますし。

さらに、水分として補給するのか、エネルギー(糖質)として補給するのかで、また話は変わってきます。一般的に言われていることは、いわゆる「スポーツドリンク」は、水分も糖質も両方がちょうど良いくらいの濃度に設定してあるので、両方がうまく吸収されると言って良いと思います。いわゆる高濃度(高糖濃度)のジュースは、糖質が濃すぎて、あまり吸収がよくありません。し、急激に血糖値が上がりやすいので、逆にインシュリンが働いて、血糖値が下がりやすくなったりもしますので、あまり運動中には向いていません。

ヴァームは、エネルギー補給の意味よりも、アミノ酸による脂肪燃焼効果を謳っています。ダイエットにはこれは有効ですが、運動しないとあまり効きません。やっぱりまじめに運動しよう、ということですね。

意味のない運動?

「今まで意味のない運動をしよったとね・・・」今日、一番印象に残った言葉です。

どなたの言葉かと言うと、近くの大手スポーツクラブに長年通われている方で、「エクサスのゲルマが良いと聞いたから」とゲルマの体験に来られた方です。

どうしても体脂肪が落ちないそうです。余裕で30%を超えている方ですよ。体重が落ちないことはあっても、まともに運動していれば落ちてくるやろ?と思いますが。僕には意味がわかりません、というか訳はわかります。

ということで、少し、エクサスのシステムを説明しながら、で、そのスポーツクラブでは何をされてるんですか?とお話を伺っていると、エアロビクスが楽しいし、汗もかくからやってる、とのこと。でも、月に8回も行ってない、そうです。

で、エクサスで運動している方の様子を眺めて言われた言葉は「みなさん一生懸命されてますね、やっぱり一生懸命しないとダメなんですね」です。え~、これって普通ですよ、という感じだったのですが、以前も書きましたが、運動は目的をもって、目的に応じた内容をやらないと、なかなか効いてこないんです。

そんな話の中で、冒頭の「意味のない運動をしてた」発言をされたわけです。本当に意味がないわけではないと思いますが、その方的には体脂肪を落としたり、痩せたりしたいと思って、スポーツクラブに通われているわけで、そのニーズからすると、意味がない運動なわけです。

結局その方は、当面ゲルマにエクサスに通うことにされたのですが、さてさて、いつかは今行かれているスポーツクラブをやめて、エクサスのフィットネスに入会されるでしょうか。それはわかりません。もし入会されたら報告する・・・かもしれません。

さてさて、月の終わりが近づいて、皆さんラストスパートですよ!!

メタボリックシンドローム

って何?と最近よく聞かれます。

これは1年ちょっと前くらいから使われはじめた言葉なのですが、厚生労働省の報告で最近ブレイクしていますね。そもそも、良くない生活習慣が原因となって起こっている、肥満、高血圧や糖尿、高脂血症といった病気を、成人病とか生活習慣病とか表現を変えて、予防を国民に周知しようと国もがんばっているわけですが、これをさらに混じり合わせた指標を作ってみると、これが動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった虚血性心疾患との関連が強いということがわかったから、使い出した、という感じでしょうか。

すみません、わかりにくいですね。

詳細はどこかのHPから検索していただくとして、要するに、腹部肥満(ウエストが大きかったり内臓脂肪が多かったり)があって、さらに血圧が高かったり、コレステロールや中性脂肪や血糖値のデータが高かったりすると、その状態がメタボリックシンドロームであって、危険だから生活習慣を改善してください、と注意を促しているということです。

で、注意としては、食事を改善したり、運動や活動的な生活で身体活動量を上げる、といった従来からの繰り返しになっています。

エクサスは病院ではないので、血液検査はできませんが、会員さんを紹介しているクリニックでの検査結果や、通院されている方の話を聞くと、データが良くなっている方も多いし、毎回計っていただいている血圧が安定してきている方も多いです。あっ、もちろん、体脂肪は全員と言っていいほど下がってますよ。

僕も、病院で働いたり、医学部で勉強もしていたので、言えるのですが、たとえ血液検査をして、変化が現れたとしても、その要因が、どの程度運動にあって、食事にあって、あるいは生活のその他の状態の変化にあるのか分析して証明するのは、研究者でも統計学的にも難しいことです。

皆さんが、エクサスに通われることで、まずは元気になって、生活全体を見直し、単にダイエットだけじゃなくて、疾病の予防や介護予防へとつながっていくことがすばらしいことだと思います。会員さんの様子を見ていると、現に少しは貢献していると思うんだけど・・・

みんなでメタボリックシンドロームも吹き飛ばしましょう!(変なシメ)

昨夜はゴメンナサイ。

もう、本当に申し訳ないです。

昨夜は、とにかく会員さんが集中してしまい、来てすぐ帰られた方や、ゲルマだけにされた方、また、時間の都合などでメニューの半分くらいしかできなかった方、また、できはしたけど、とにかくお待たせしてしまった方などなど、ご迷惑をかけてしまいました。

昨日の夜、新規入会された2名の方も、びっくりされたようで・・・でも、最初から多い時を経験されれば、今後、多少の多さでも動じないかも・・・ちょっと苦しい?

今月中には、さらにマシンを増設して対応しますので、ご容赦ください。

いずれにしても、さすがのスタッフ陣も笑顔が消えそうでしたが、やはり、今月はGWもあったし、皆さん月末に向かってラストスパートされているようです。これは、とってもいいことですよ。もちろん、均等な間隔で運動されるのが一番いいとは思いますが、でも、何のしばりもなく、だらだら休むのではなく、「今月はあんまり行ってないから行かんば!」と思って、運動に来られることは本当にすばらしいです。

他の運動施設を見ていると、一人もくもくとトレーニングされている姿が普通なのですが、よく頑張れるなぁと感心してしまいます。僕だって、一人で勝手に運動すると、途中で「まあいいや」となるし、何だか達成感がないんですよ。だから続かない。だけど、エクサスの会員さんはみんな、「今日もやり遂げたぞ!」という顔をして帰られます。

運動するって、お茶飲みに行くのと違って、そんなに簡単なことではありません。一ヶ月に運動する回数にしても、運動メニューにしても、何らかの決め事をしないと、なかなか踏ん切りがつかないし、達成感も得られません。まあ、運動だけじゃなくて、仕事や生活自体にも言えることですよね。

さて、今月もラストまで、多いかもしれませんが、懲りずに通ってくださいませ。

健康のため?ダイエット?

会員さんや、新規に入会された方にはよく話すことなのですが、運動って、その目的が大切です。

エクサスは、ダイエットを希望される方がすごく多く、かなり「ダイエットクラブ」の様相を呈してきております。帰りにはだいたいの方が体脂肪計に乗って帰られますが、みんな「引き締まってきた」「何キロ減った」「何%減った」という会話をするために測っている状態です。

でも、それって大切ですよね。もちろん、運動=ダイエットというわけではありませんし、ダイエットと言ってがんばっていらっしゃる方でも、半分くらいの方が、標準体重の範囲内の値です。より引き締まりたい、お尻やお腹や二の腕のたるみを無くしたい、といった気持ちが、運動を頑張る要因になっているわけです。さらに、それなりに効果が出てきますので、継続もできるわけです。ようは、目的がはっきりしているかどうかです。

よく、「自分はウォーキングをしているから体力に自信はある」と言われる方に、エクサスのトレッドミルで歩いてもらって、歩き方や速度の指導をすると、「こがんは歩きよらんやった!(こんな風には歩いていなかった:一応ブログなので字幕スーパー入り)」「どうりで一年経ってもいっちょんやせんったいね(まったく痩せないわけですね)」というような事を言われます。

単純に、健康のために、という素朴な目的で歩いていると、散歩の域を出ることはできませんし、続きません。もちろん、ゴロゴロしているよりははるかにマシですが、特に体重を落とそう、脂肪を減らそう、血圧やコレステロールを下げようといった目的があって歩くのならば、その目的に応じた内容のウォーキングをしないと、変化はなかなか出てきません。

逆に言うと、最初はそうでもなくても、自然に目的が出てくると、運動に対する姿勢や内容が変わってきますし、継続もできます。運動は続けないと、効果はあまりでません。エクサスは、お金を払っていただいて、運動をしていただくわけですから、自然に目標ができるお手伝いを極力しますが、自分で運動されている方や普通のスポーツクラブに行かれている方は、あの手この手で自分を運動に向かわせる、継続させる方法を見つけ、取り組んでいただきたいと思います。

トレーニング研修

毎日の過ぎるのが早いこと早いこと。気がつけば何日も書いてませんでした。このブログを見てくださっている方、ごめんなさい。

さて、インボディが入ってから、特に筋トレの内容がレベルアップしてきました。重さや回数だけではなく、フォームをより正しく、丁寧に行うことで、より筋トレの効果が増してきます。筋トレの効果が出てこないと、いくら有酸素うんどーをしても、効果は半減ですので。

そこで、先日、スタッフだけで、トレーニングの研修というのか、研究会を行いました。エクサスはずーっと開いていますので、スタッフも交代制でシフトしています。ので、なかなか全員で集まって、技術についての確認を行う機会がありませんでした。だいたいは私末永が見ていますので大丈夫なのですが、最近は特に会員さんも増えていますので、トレーナーの指導が大切になりますし、万が一、トレーナーごとに言うことが違う、なんてことになったら、だめですしね。

その内容は、企業秘密!?ですので、書けませんが、一番スタッフが苦労しているのは、やはり腹筋でした。エクサスでは、ただ腹筋マシンに乗ってもらって、ギッコンバッタンしてもらうのが腹筋だとはまったく思っていません。いかに自分でお腹に力を入れることができるか、腹筋を意識できるか、その他の脚や上体の力を抜くことができるか、などなど、注意するべきポイントはたくさんあります。それが正しく伝えられるか否かで、会員さんのお腹が引っ込むか否かが決まってきます。

腹筋だけでなく、エクサスが成果を出している理由は、ジムに来て運動してもらうことを、ただの運動として捕らえるのではなく、いわば、病院や歯医者での治療やリハビリと同じくらい真剣に考えているからだと自負しています。エクサスは、しばしば近くの大手スポーツクラブと比較されるのですが、その辺のスポーツクラブと一緒にされては困ります。会員さんも、ぜひエクサスに通っていることに誇りをもってくださいね。エクサスは月会費5500円でも、その指導は、大手スポーツクラブのパーソナルトレーナーとかいう1時間3000円も別料金で取られる指導よりも優れている自信があります。

と公言した以上は、今後もトレーニング研修を続けて、レベルアップを図っていかなければ・・・

連休明けて・・・

皆さん、ばりばりがんばっていらっしゃいます。この二日間は激しい・・・

4月終わりからのGWで、10日以上ぶりの運動という方がかなりの数いらっしゃるのですが、ダイエット希望者の体重を見ると、まあ、その間で痩せてる方は若干名として、現状維持の方とやや増えた方が半々、といったところでしょうか。

半年、一年と続けていらっしゃる方は、かなり基礎代謝も上げっていますので、ちょっと食べ過ぎててもそう簡単には体重も増えないのですが、まだ運動を始めてそんなに期間が経っていない方で、体重が減り始めていた方には、ちょっと痛い連休のようでした。連休の間、とにかく動くことを心がけていた方や、食べ過ぎないように意識していた方は、それなりの結果を示されていますが、やはり「ついつい食べ過ぎて」という方は、「体重計に乗りたくない」のオンパレードです。

ちょっと休みが長すぎるのも、という感じです。

でもでも、皆さん、「動かないときは食べ過ぎないようにしよう」とか、「ゴロゴロしないでなるべく動こう」とか、自然に意識できるようになられていることがすごいです。僕は、外での講演や指導のときには、日常生活で意識しましょう、と簡単に言うのですが、やっぱり実際に心がけて行動に移すことは至難の業ですよ。

さあ、今は夕方なので、これからお仕事帰りの方が来られます。気合を入れてがんばります!

道具を使って

ストレッチ中や、筋トレの待ち時間にと思って、いくつかの道具をストレッチマットのところに出しています。エクサスは、同じ市内の施設から注目されているのか、よくマネをされますので、本当はあまり書きたくないのですが、腹筋マシンやボールだけではなく、バランスパッドやトレーニングチューブ、最近ではストレッチポールも置いています。

それぞれに、良いトレーニング効果があり、面白いのですが、問題は、なかなか正しい方法を教えることができないことです。結局、家庭用のさまざまな健康器具も、うまく、正しく使えないので、効果も出にくいし、続かないわけです。

エクサスでは、できる限り「どうやって使うの?」の質問に答えて、指導して、使い方を覚えていただき、さらに、エクサスクラスに参加していただいて、正しい方法を身に着けていただくようにしていますが、それでもなかなか効果的には使いにくいものです。

でも、まあ、正しい方法は二の次にしても、会員の皆様は、腹筋やストレッチや補強の運動を、メインの運動の後や途中に、自然にきちんと実施されていることがすばらしいですよね。それがとっても大切なことだと思います。その積み重ねはとっても大きな結果の違いに結びつきます。方法を知って、取り組むことが習慣になれば、継続につながり、成果が導かれる。本当に立派です。

ということで、トレーニングの合間やお帰り前に、どんどん道具を使って、身に着けて下さいね!

やっぱり腹筋

この二日間は、平日なのにGWの影響か、そんなに混んではいません。

ということで、特に会員さんに細かく指導ができます。その中で、一番難しいのが腹筋です。マシンを使った場合でも、床でする場合でも、あるいはボールを使うにしても、結局しっかりお腹に力が入っているかどうかが大きな問題なのです。

よく、ベッドの下に足を引っ掛けて、反動で起こすような腹筋を誰しも一度や二度はやったことがあるかと思います。が、あれは、僕的には本当の意味での腹筋だとは思いません。腰や脚や肩の筋力で体を起こしているだけで、どれだけ引っ込めるべきお腹に力が入っているのでしょう。それに、あの腹筋は続きません。何回かしたらきつくて嫌になります。

寝転がって、膝を曲げて、しっかりお腹に力を入れて、おへそを覗き込む程度、体を起こしてください。それで十分お腹に、特に下っ腹に力が入るはずです。一日50回ほど2週間もすると、必ずお腹は引っ込んできて、ウエストのサイズが変わってくるのがわかります。

でも、言うは(書くは)易し、行うは難し。とにかくやらなきゃそのお腹は引っ込みません。

さて、明日からの5連休。みなさん、できたら家で腹筋とか・・・してくださいね~。まあ、エクサスは開いてますので、いつでも出てきてくださいませ。GWスペシャル腹筋でお腹を鍛えて差し上げる、かもれません。。。

5月。

いよいよ5月になりました。

GWではありますが、エクサスは通常通り営業です。といっても、土日祝は休日の時間(18時まで)ですのでご注意ください。

先日、私、マネージャーの末永は珍しく一日お休みをいただき、烏帽子岳を走って登るというイベントに参加してきました(というか開催担当者)。約6K?の上り坂を50分近くかかって何とか完走しました。が、はっきりいって、もう二度と登りたくないくらいきつかったです。

エクサスでは、有酸素の運動メニューで、ものすごい上り坂を歩いてもらうことがあります。トレッドミルを最大の傾斜にして歩くのですが、これがかなりのもの。山歩きはすごい上り坂のあれば、平坦なとことろもありますが、トレッドミルはとにかく一定のスピードで登りっぱなしです。これは、有酸素運動だけでなく、脚力の強化にもなるし、特にインボディで、脚の筋力が弱いと出た方には有効なメニューです。

烏帽子岳のイベントは、私の恩師が言い出されたことなのですが、この先生は昔からトレーニングに上り坂を多用される方で、坂道走で多くの一流ランナーを育てた名コーチでもあります。実際、私が学生のころも、不真面目だった私でさえも、走った数々の坂の名前を覚えています。また、多くの一流大学や高校、実業団の陸上選手も、坂をどんどん走っています。

やっぱ坂は大切ですよ。これからもエクサスのメニューから消えることはないですから、どんどん登ってください。僕は、烏帽子岳を走って登ったのですから、歩いていただくくらい、なんとも思いませんよ。連休、食べすぎてる場合じゃありませんよ。。。うっしっし。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »