最近のトラックバック

« インフル予防接種 | トップページ | 食事バランスガイド »

メタボ健診の控除見送りへ

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは!

12月に入りました!寒くなってきましたが、夜のエクサスは賑わってますよ!外ではコートやダウンジャケットが必要ですが、エクサスの中ではTシャツです。何か不思議ですが、いい熱気です。

さて、僕は昨日から明日まで、昼間、丸一日研修を受けていて、夜までエクサスにはいない状態です。今日はその報告をしようと思っていたのですが、これを書くために、PC立ち上げたとたんに、今日のタイトルが見出しのニュースが出ていましたので、んなぁにぃー!!と思っています。

以下、勝手に貼り付けます。

2008年度税制改正要望事項に関する自民党税制調査会(津島雄二会長)の素案が4日、明らかになった。生活習慣病予防策として、40~74歳を対象にメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)を診断する特定健康診査などに掛かる自己負担分の医療費控除や、家庭の教育費負担を軽減する「教育費控除制度」の創設などは見送る方針を示した。同日午後の小委員会で議論した上で、今後の扱いを決める。 

僕が今受けている研修は、まさにこの「メタボリックシンドロームの特定健診」についての研修会なのです。生活習慣病を防いで、将来、医療費を増やさないための予防策としてこの制度が来年度から始まります。そして、僕もエクサス内外で、その保健指導のお助けができないか、と勉強をしているわけです。

で、おそらく、この制度を浸透させ、健診や指導を受けやすくさせるために、本人が払う自己負担分を控除しようとしていたのだと思います。ところが、それが、見送られたわけです。

一体政府は何を考えているの!この制度がうまく行くか行かないかで、増え続けている医療費を抑制できるかどうかがかかっている、と言っても言いすぎじゃないような大切なことなのに! それを円滑にすすめるためには、これくらいの投資は絶対たいしたことじゃないはずなのに、いきなり見送りかい。

熱くなってしまいました。この制度自体は、4月から確実にはじまります。そのために、厚労省や県や国保や医療機関などなどは、残り4ヶ月間を切り、今、急ピッチで体制を整えようとしています。たぶん、その勢いに水を差すことになるでしょう。

メタボ健診の控除にしても、教育費控除制度にしても、この国の将来を考えると、とても必要なことじゃないでしょうか?何か間違ってますよ。給油なんてしなくていいですよ。その分、日本で使いましょうよ。そしたらガソリン安くなるじゃないですか。

とりあえず、いつも同じ結論ですが、僕はエクサスで、自前で出来ることを頑張ります。みなさんも、自分の健康のため、目標達成のため、頑張りましょう。寒さに負けず来てくださいね。研修の報告はまた改めてさせていただきます~

« インフル予防接種 | トップページ | 食事バランスガイド »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。