最近のトラックバック

« オンオフ! | トップページ | 驚愕。 »

準備は大切。

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは。いまだ大阪国際女子マラソンと大相撲初場所と大阪府知事選の結果がテレビをにぎわせています。

エクサスでも流れていましたが、この結果、全て、ちゃんと準備した人が勝ちましたね。しっかりとした準備期間の戦略を立てていた人が、よい結果を導いた印象です。

マラソンの福士選手は、ほんの一ヶ月の準備期間でこのマラソンに臨みました。僕はそれがだめだとは思いません。彼女の力から見ても、きちっと準備できれば一ヶ月でも勝てたでしょう。でも、詳しくはわかりませんが、一番走った日でも32キロで、後はスピード練習で、スピードでマラソンを押し切ろう、という戦略だったそうです。そんなのじゃ通用するわけないことは、実業団の監督レベルなら誰でもわかる常識でしょう。でも、あえてその手段を取ってしまったのは、過信です。彼女なら大丈夫、と思ったのでしょう。彼女の力を客観的に見て、一ヶ月でできる最善の方法を取っていれば、勝てたと思います。

相撲も、朝青龍はやはり準備不足でした。動きの切れもいまいちだったようですが、それよりも、スタミナが足りなかった。筋持久力がなかった。最後の白鵬戦では、一分を超えるような相撲になり、体の中は乳酸で一杯だったはずです。そこから最後の力を出せたのは、きちんと準備できており、さらに休んでた人に負けられないという意地があった白鵬でした。朝青龍は、技術はすばらしいわけですいから、それはそう簡単には低下しません。もっともっとフィジカルのトレーニングをしておくべきだったのでしょう。

大阪府知事に当選した橋元弁護士も、選挙に出ようと決断されたのは遅かったかもしれませんが、知名度という実力と、若さや公約という可能性をうまく前面に出して、勝ちました。逆に民主党推薦の大学教授は、大阪人のニーズに合わなかった。同じような準備期間だったはずですが、知名度不足を補う戦略を立てることができなかったのでしょう。

いずれにしても、仕事や試合や受験などのイベントは、本番の日があり、準備期間は限られています。その中で、選手自身の力を客観的に判断し、目的にあった、その人に合った計画を立てて、実行するしかありません。それをきちんと監督や親方が指導できるか、そして、選手が一心不乱にしっかりこなすことができるか、その両者がうまくいって、よい結果がでてきます。

何か目標が近い方は、しっかりと自分の力を見極めて、本番を想定して、そして今できる最善の方法に全力で取り組みましょう。

エクサスも、佐世保市から委託を受けた健康教室を来月早々から開始します。詳細は近々に決定しますが、これは、数社で行われたコンペで、エクサスの企画が採用され、委託されることになったものです。ちょっと嬉しいです♪でも責任も重大。時間はありませんが、準備が大切。頑張らなきゃ。

ということで、一月も最後の週に入りました。最高の戦略でお待ちしておりますので、どんどんエクサスに来てください!

« オンオフ! | トップページ | 驚愕。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。