最近のトラックバック

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

心と身体の使い方

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは! もう7月も終わり、明日から8月ですね。夏ですね~ ぜひ皆さんそれぞれの夏を味わって、お過ごしください。

さて、昨日は、エクサスを早めに上がり、近くの武道館で開催された、「古武術~身体の使い方~」(だったかな?)の講習を受けてきました。

このブログのどこかでもちょっと書きましたが、僕は少し前から、習い事というのか、中国拳法の練習サークルに入り、新たな学びを始めました。正式に入門した、というわけではないのですが、知り合いのご好意で練習会に好き勝手に?参加させてもらっています。

その関係で、つながりのある古武術のセミナーにも参加することになったのです。

その中国拳法というのは、「韓氏意拳」といいます。これは拳法ですが、アチョーッ!という感じのものではなく、古武術にもつながる、体の使い方、力の出し方を学ぶことができる拳法です。このような考え方を介護に応用する、古武術介護法といった世界もあります。

韓氏意拳では、いかに余計な力(筋力、力み)に頼らず、本来人間が持つ自然な力(エネルギー)を出して、流すか。そのためには、とにかく自然な動きにまかせて力を加え、余計な意識を捨てなければなりません。力を出すための意識があったり、コツをつかもうと考えると、逆にきちんとした力が出ないのです。

…とても深い世界で、ぜひ学びたい、習得したいと思い、練習しています。まあ、内容や目的は全く違いますが、見た目は太極拳や合気道のような雰囲気のものだと想像してください。

僕は、西洋医学やスポーツ科学の立場ではあるので、つい筋肉や関節力といった自然科学的な理論で考えようとしてしまうのですが、本来の人間が持つ自然な力をいかに自然に出すか。それが、とれも強く、早く、隙がない、ことにつながるそうです。

力を出そうとすると、体の筋肉や関節のどこかを固定しようとします。よく「腰を入れる」という言葉がありますが、その一箇所で安定しようとすると、別の方向からの外力が来たときに、崩れてしまいます。また、相手の力に対抗しようと、こちらも力を入れて構えると、相手が力を緩めると、ガクッと崩れてしまいます。

そこで、大切なことは「固定」ではなく、「安定」だそうです。その「安定」は動きに合わせてその場その場で変わってくる。わかるかな? ついつい固定することを安定と思ってしまいますが、安定は一コマ一コマ、変わっていきながら、安定する。難しいですね。僕もよくわかりません(汗)

練習をしていても、これが、「そうそう、それでいいんです!」と言われた時ほど、わからないんです。感覚がないんです。でも、力は入ってるんです。相手を吹き飛ばすほどの力が出て、伝わってるんです。

人生も、哲学も、同じじゃないかな、とか思います。スムーズにことが進んでいるときには、なかなか自分では意識できない。でも、いろんな困難にぶつかって、力が入り、いろんな意識が作用し、押したり引いたりしながら進んでいく。で、あえて力を抜こうと思っても、それを意識した時点で、自然な力ではないわけです。

まあ、それも現実で、強く生きていくためには必要なものとして認めるべきなのですが、この韓氏意拳の練習をしている時間は、全く別世界にいる感じになり、精神もすがすがしく、健全になる感じがします。

週に一回も行けてませんが、僕にとっては貴重な時間です。ぜひ続けたいと思っています。

筋トレも同じです。余計な力を入れて、余計なところに筋肉をつける必要はないのです。まあ、ムキムキマッチョがお望みの方は別として。自然な動きで、どこか一つの筋肉に頼るのではなく、力まずに正しいフォームを作ってみてください。案外、すーっと錘が動いてくれるかもしれません。

あ、「拳法」ではあるのですが、今のところまったく実践の戦いを想定しておりませんので、「アチョーー!」といきなり僕に殴りかかってこないでくださいね。危険危険。

ということで、今回はちょっとマニアックな話になりましたが、暑さで頭がどうにかなったわけではありません。8月も笑顔でお会いいたしましょう!

スポーツトレーナー育成科第五期

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは! 今日もいい天気で、ついに夏らしくなってきましたね。暑さにめげず、頑張って来て下さいね!!

さて、タイトルのスポーツトレーナー育成科ですが、そうです、第五期の開催が決まりました!

来月(8月)に入ったら、案内を始めようと思っているのですが、開始は9月26日で、まだ二ヶ月ほど先になります。が、募集の期限はとりあえずは8月26日までですので、ぜひ受講したいと思われている方は、早めにハローワークまで申し込んでください。ただし、あくまで就職支援のための職業訓練ですので、ぜひ就職に生かしたいと言う方が申し込んでくださいね。受講料は無料です。

このスポーツトレーナー育成科は、昨年から国の雇用対策の一つである基金訓練として、エクサスが開催校としての認定を受け、開催しています。が、この第五期生をもって、現行制度での訓練はいったん終了になります。

その先、来年以降のことは、全く見えません。エクサスとしては継続して開催していくことも考えられますが、国全体として、また、長崎県としても、基金訓練自体がかなり減少することになっており、手を上げてもできるかどうかわからない状況です。

ということで、ぜひ受けたい方は、無理してでも、今回申し込まれてください。いつまでもあるとは限りません。くれぐれもこのチャンスを逃しませんように。

さて、その育成科ですが、現在は4期を開催中で、ちょうど折り返しを過ぎ、後半に入ったところです。

少し前に、現在の育成科のアフターファイブの事を書きましたが、一日の授業が終わった後に数人が残り、復習をしたり、僕と一緒に、体のことやコンディショニングなどについて勉強会をしています。

今日は、育成科一期生のTさん(現在はエクサスの会員さん)がたまたまエクサスに運動に来ていて、話していたら、肩や膝が痛いと言われていたので、早速モデルになっていただき、勉強会の数人で、その肩や膝や腰を調整してあげました。

その結果、Tさんは、痛みの症状もかなり改善され、すっきりして、動きも良くなったと言われていました。が、それよりも、「4期生ってすごい!残ってみんなで勉強して、まるで本物の専門学校みたいですね。私達(1期)の時とは全然違う!」のような感じで、アフターファイブのみんなの熱心さに大変驚かれていました。

いやいや、まだ過去の修了生で構成されているファンクラブの勉強会もあるし、バーベキューもあるし、熱心な人はたくさんいます。みんな学ぶ意欲はすばらしいです。

ただ、この育成科が5期で終了してしまうのならば、やはり寂しいことです。もちろん続けられればそれでいいですが、また別の形での何かも考えています。

いずれにしても、僕に、人に教えることがこんなに楽しいことだと教えてくれたこの制度に感謝しています。もちろん、基本となるエクサスがあって、会員さんがいてくださってのことです。みなさんに感謝します。

さて、7月ももう終わります。エクサスも久しぶりのお休み(盆休み13,14,15日)があります。夏のイベントも盛りだくさんかもしれませんが、こつこつとエクサスに運動に通って、自分の生活リズムを崩さないようにしましょう!

ちょっと背伸びをして、背が伸びていけばいい。

タイトルの「ちょっと背伸びをすると、背が伸びる」という言葉。

確か、ちょっと前のこのブログにも同じようなことを書きましたし、僕は常々こういうことを、自分に、人に、スタッフに、言い聞かせています。

それが、先ほど情熱大陸を見ていたら、今夜取り上げられていた日本一救急出動が多い、ドクターヘリの救命医が言っていました。

僕のオリジナルな言葉と思っていたら、全国放送で先に言われてしまった(笑)。

けど、この小林という救命医、好きになりました。

http://www.mbs.jp/jounetsu/2011/07_17.shtml

確か、先週の前田あっちゃんも同じように、ちょっと、いやかなり背伸びをしながら、AKBのトップを走っている感じでした。

あ、今日の小林氏は、「毎日つっ走っている原動力は何ですか?」の問いに、「走ってませんよ、毎日水面下をもがいてますけど」みたいに答えていました。

わかるわかる。まさに共感です。

これ、考えてみたら、ほとんどすべての情熱大陸の出演者にあてはまることじゃないなかな。だからこの番組好きなのかも。みんな少し背伸びをして、挑戦して、進んで行ってる。でも、決して完璧じゃないんですよね。この番組中にも、人間らしい葛藤があり、泥臭いところがある。よく、情熱大陸の撮影スタッフに苦情を言ったり、衝突したりもする。

そして、なんだか少し成長したような感じになる。実際は背伸びをしても、そう右肩上がりに進歩していくわけではないけれど、まさにもがきながら進んでいく。

そして、これって大なり小なり、みなさんが経験されていることですよね。

自分なりの背伸び、素敵です。僕はその背伸びを、つま先立ちから、ケンケンになりそうなところくらいで挑戦している気もしますが、決して、無謀にジャンプするわけではありません。

さて、この後、なでしこジャパンが、アメリカとのサッカーワールドカップの決勝を迎えます。僕は寝て、明日の朝のニュースを楽しみにしますが、勝っても負けても、背伸びをしながら戦っている姿に感動するでしょう。

ちょっと背伸びをして今日頑張ったあなた。お疲れ様でした。

けど、ゴールを決めないで、挑戦の日々をずっと続けていきたいものです。ゴールを決めると、そこで止まってしまって進歩はないから…と小林氏も言ってました。

ちょっと興奮したので、連続アップでした。

台風が接近中ですね。エクサスは休みませんが、みなさんお気をつけくださいませ。

・・・みたいな。

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、暑いですね~。三歳の息子と一緒に、数十年ぶり虫取りをしたら、やや日焼けしてしまった僕です。とんぼとアゲハチョウの大物を取り逃がして悔しかった(笑)けど、童心に帰って楽しかったです♪

さて、昨日は法事で、お寺に行きました。

そこで、お坊さんがお経を読んでくださった後に、説法してくださるのですが、その中で、「最近は暑いですね。去年までは冷房ばかりが売れて、扇風機は見向きもされなかったようですが、今年は扇風機がいいということで、売れているそうで、売れ切れていたり、値段が高くなっているそうです。世の中もその時々で変化しますが、魂は一つで繋がっていて、同じなのです」みたいなことを言われていました。

まあ、哲学的な魂の話はさておき、お寺の本堂にはクーラーがなく、扇風機ががんがん回っていて、お坊さんも暑いだろうし、また、いろんなニュース見て話のネタをたくさん持っておく必要があるので、大変なんだろうなぁと思いました。

エクサスでは、オープン当時から扇風機と冷房を両方使っています。誰に言われたわけでもなく、冷たい風を全体に行き渡らせたいという気持ちだけで、自分達で思いついて、設置しました。まあ、それでも暑いですが・・・

で、熱中症対策もあり、しっかり水分を補給してくださいと徹底的に会員さんに声を掛けています。それくらい管理しているエクサスでも、この時期は運動中に具合が悪くなる方がいます。熱中症の前兆である可能性もあるので、水だけじゃなくて、ポカリ飲んだほうがいいですよ、と会員さんにスポーツドリンクの摂取も勧めています。

が、先ほどのこと。会員さんから、「ためしてガッテ○や、今朝は総理大臣も言ってましたけど、ポカリは熱中症には良くないそうですね」と言われました。。。

なんでそうなるんでしょう。

確かに、最近、ペットボトル症候群とか言って、一気にスポーツドリンクを大量に摂取することで、血糖値が上がりすぎて、糖尿病や、ひどくなると倒れたりするので気をつけましょう、ということを、メディアがよく言っているなあ、と気にはなっていました。

それは間違いではないのでしょうが、多くの人が熱中症で倒れているのに、スポーツドリンクはよくないと伝わるような伝え方をして、国民にそう受け取られるのであれば、それはメディアの責任です。まさかそこまで飛躍して受け取られると思っていないかもしれませんが、それが現実なんです。

これもひとつの風評被害ではないのかと思います。

熱中症に気をつけるために、特に運動するときや汗をたくさんかくときには、水だけじゃなく、塩分(ナトリウム)や吸収が良いスポーツドリンクを摂りましょう。だけど、スポーツドリンクは糖分が多いので、飲みすぎや一気飲みには気をつけましょう。

ただそれだけの話ですよね。何も特別なことではありません。それをものすごい、新しいことを思いついたみたいに、伝える人たち。情報番組。ニュース。ネット。

その情報を受け取る側も、そこそこの常識は必要だとしても、情報を発信するって、とっても難しいです。

情報と言うものは、それが全てではありません。あくまで一つの意見。信じるならしっかり調べてからにしないと。

福島の原発問題では、今は牛が大問題です。でも、そう考えると、えさを食べている家畜は牛だけじゃないし、同様の問題はもっとたくさんあると思います。

ドラマの最後には、「このドラマはフィクションです」と出ますよね。

健康グッズの通販でも、「効果には差があります」と出ますよね。

ニュースの後にも「この情報は、私共の一取材の範囲による見解です」と出すべきじゃないでしょうか。

大臣や偉い人の会見でも、断定せず「・・・と思います」とか、今風に言えば、「・・・みたいな」とつけてほしいくらいです。

そしたら、全て信じようとは思わないだろうし、変な煽りや風評被害なども起こりにくいのではと思います。絶対に守ってほしいことは、酒やたばこや麻薬のように法整備したり、もしくは避難指示のように徹底すればいいだけです。

ということで、僕も自分のことを一言。

「運動」は健康上とってもとってもとってもいいことが多いですが、全てに対して有効というわけでもないです。

体調が良くないときは無理しないで下さい。調子がいいからと言って毎日来ないでください。一気に痩せたいからと言って、急に頑張りすぎないでください。汗を出したら風邪が治ると思って運動しないでください。うつ病にもいいと聞いたからと、根つめて運動しないでください。。。

何事にも自分なりの「適量適度」を見つけましょう。それが自分の体や能力を知る上でも必要です。でも、自分自身のレベルアップを目指すなら、「過負荷」(すこしきつめの負荷をかける)が不可欠。で、頑張ったら、「超過回復」(いったん休めることで、さらに強くなる)のためにも、リフレッシュが必要。

・・・みたいな。

広報させぼ取材。

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは!

夏になってきましたね~ 美白な僕ですが、今年は海かプールに行こうと思っています!これまでの僕とはどこか違いますよ(笑)

さて、今日は、エクサスで開催している介護予防教室「ますます元気教室」が取材されました。佐世保市民なら無料で家庭に配られる、佐世保市発行の広報誌「広報させぼ」の9月号の敬老の日特集?に掲載されるようです。

市内では、いくつかの事業所が佐世保市長寿社会課の委託をうけ、同じ名称の教室を開催しているのですが、市役所から近いからということではなく、「エクサスの雰囲気がとても良いと評判なので」というとっても嬉しい、断れないような理由で、取材に来られました(笑)

でも、楽しかった♪ 僕としてはいつもどおりの教室をしましたが、やはり少しテンション高めだったと思いますし、受講されている方も、ややカメラを意識しながらも、かなり盛り上がり、最後はインタビューにも応じてくださいました。

受講中の写真やインタビュー記事、そして僕のコメントも載ると思いますので、ちょっと先ですが、広報させぼの9月号、楽しみにしていてくださいませ。

こんなこともまた、受講されているみなさんの刺激になったと思いますし、僕も、ますますやる気が出てきました。ちなみに取材に来られた市役所秘書課の女性担当者が、僕の年齢を知って、「先生、30前と思ってました!すごーい」というナイスなヨイショをしてくれ、さすが秘書課と思いつつ、嬉しかったです(笑)

さあ、7月も中旬です。エクサスでは7~9月を繰越OKの期間にしていますが、油断していると大変なことになりますので、いつものペースでしっかり通ってください。

ミトコンドリア

突然ですが、明日7月7日は、七夕で、年に一度の素敵な日ですね。

だからと言うわけではないのですが、エクサスでは、ようやくテレビのデジタル対応の工事をします。でも、台数とか、広さとかの問題で、やや大規模工事になってしまいます。一応、事前にジム内には貼り出していましたが、ジムを閉めるほどではないにしても、明日7日の午後は会員さんにご迷惑をかけると思います。なにとぞご了承ください。

でも、これで、はっきりくっきりテレビを見ながら運動ができますね♪

新しくなることはなんとなくワクワクしますよね。

それと、エクサスのユニフォームも明日から変わります。これまでの夏用ベストをやめて、ついにポロシャツにしました。色もブルー系の二色で、とても爽やかです。スーパークールビズ対応というわけでもないのですが、またまた僕が若返ります(笑)

これまた、新しくなってワクワクします。

あと、全く個人的なことですが、これまで11年間乗っていた車を、ついに買い替えます。まだ納車はされていませんが、色もイメージも全く違う感じにしました。

11年ですから、いろんな思い出がありますし、愛着があるものとお別れするのはとても寂しいけれど、ありがとうと心から感謝して、新しいステップに行きます。

これもワクワク楽しみです。

形あるものは壊れるし、命あるものには定めがあります。

運動も、ある意味、古い筋線維とのお別れと、新しい筋線維との出会いの繰り返しです。そうすることで、強くなる。いや、しなければ強くならないわけで。

例えば、体の細胞には、ミトコンドリアという小さな器官があり、このミトコンドリアを新しくし、大きくし、数を増やすことで、体にエネルギーが充填し、健康や体力、脳によい作用をもたらします。が、入れ替えないで、古いミトコンドリアばかりになると、エネルギーが作れなくなったり、神経細胞がダメになったりします。

このミトコンドリアの活性化が若返りの鍵を握るとも言われています。ミトコンドリアを強く、増やすためには、運動して、筋肉に刺激を入れることがとても大切です。もちろん、古いミトコンドリアには感謝しながら、次の細胞の糧になってもらいましょう。

さあ、明日からも、新しいエクサスへ、どんどん体や気持ちをリニュアルしに来て下さい!雨に負けてる場合じゃありませんよ~! 若返りますよ~!!

肉肉うどん

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、関係のみなさん、こんばんは!

今日は僕はエクサスをスタッフに任せ、福岡に研修に行っていました。もちろん受ける側です。

このブログにも何度か書いたことがあると思いますが、僕は人の講義を受けるときは、前列(今日は二列目でしたが)を確保し、一言一句逃さないつもりで目を大きくして聞き、さらに講師が気持ちよく教えることができるようなリアクションをするように心がけています(笑)。だって、せっかく教わるんだから、講師に気持ちよく教えて欲しいし、しっかり聞きたいし。

さて、内容的にはトレーニングのことやコンディショニングのことが盛りだくさんで、かなり僕のためになるもので、収穫が多いものでした。まあ、それっぽい内容だから無理して参加したわけでもあるのですが。

新しいことばかりではありませんでしたが、改めて学ぶことで、会員さんのトレーニングメニュー作成にとっても役に立つ内容でしたし、さらに月曜からの育成科の授業や、その後の受講生との居残り勉強会のトピックになることも多く、もう、早く皆さんに教えたくてうずうずしてます。みんな楽しみにしててね♪

福岡の専門学校が会場だったため、そこの生徒や卒業生も、多く参加されていました。スタッフの人に聞いたら、専門学校生の卒後教育の場にもなっているそうです。だからか、全体的に若かった。少し若さに自信があるある僕でも、ちょっと浮き気味でした。たまたま一緒に参加していた、エクサスの元会員さんで某大学のK教授にいたっては、自分の大学の学生と一緒に勉強している感じで、かなり微妙な空気が漂っていました(笑)。

そう考えると、若いうちにこんなにいい研修を受けることができる人たちは、うらやましいです。この研修の価値がわかるか否かは、受講者の学びたい意識の度合いにもよりますが、福岡では、こういう機会もけっこうあるようだし、同業の仲間も多く、技を学びあうことも、切磋琢磨することもできことが素晴らしいです。なかなか佐世保では、特に運動については、そうはいかないですね。

エクサスのスポーツトレーナー育成科の皆も、エクサスFUNクラブの皆さんも、学びたい気持ちは負けていないと思いますので、貴重な学びや情報交換の場として、これからも盛り上がってほしいです。もちろん僕も情報を発信しますので、有効利用してくださいね。

みなさんも、運動に限らず、いろんな学びをされていると思います。ぜひ、学ぶ機会に多く参加され、また、学びあう機会を多く作って、生涯、進歩していきましょう。

ちなみに、今回はモツ鍋やラーメンじゃなく、小倉ではないけど、小倉名物「肉肉うどん」というものを食べさせてくれる店をみつけ、頂きました。ご存知ですか?? 黒いスープに生姜がすってあり、角煮のようなやわらかり豚肉が入っている、僕には珍しいものでした。スープはいつもの癖で少しだけしか飲みませんでしたが、意外にあっさりしておいしかったです~

さあ、7月! 夏が始まります! エクサスでは、お盆休みがあるので、7~9月の3ヶ月間は繰越OKの期間です。ビールを消費しにどんどん来てください!

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »