最近のトラックバック

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

講習会&ほしかったもの

街角フィットネス「エクサス」の会員さん、みなさん、こんばんは!

1月も後半に入り、明日からはかなり寒くなるそうですが、11月から運動の繰り越しOKの期間が今月で終りますので、年末からあまり来れなかった方は頑張って通ってください。それをクリアするために連日のように、スタッフのように、いや、スタッフ以上にエクサスに通われている数名の会員さん、ご苦労様です。ほどほどに頑張って!

さて、昨日、エクサスとしては初めての試みであります、資格の講習会を、とりあえずスポーツトレーナー育成科の修了生を対象に、実施しました。懐かしの一期生から五期生まで、資格を取りたいと考えている、つまり、まだ学ぼうという意識が高い方々が合計50名程集まり、僕の説明に熱心に耳を傾けていました。

申し込みが多かったことで、皆さんが熱心なことはわかっていましたが、当日本当にそれだけの人たちが集まってくれるのか、実は不安でした。でも、一人二人と参加者が増えてくるにしたがって、不安はなくなり、嬉しさがこみ上げてきました。嬉しかったよ~♪

参加された方、お疲れ様でした。で、課題、時間がないですから、頑張ってくださいね!

さて、その説明会の終了後、年末に修了した五期生から、とっても嬉しい、とってもほしかったものをプレゼントしていただきました。

授業の時に、「欲しい」とちょろっと言っていたようで、それを聞き逃していなかった美人生徒(笑)さんが、提案してくださったそうです。本当にありがとうございます!

それがこれです。

2012012115540000

そうです。脂肪のモデルです!ケースまでつけてくれて、ありがとうございます!

まだこれを肴にお酒は飲んでいませんが、過去にこのブログに登場させたボーニーや、手作り腰椎ヘルニアモデル、膝関節、骨格パズルなどを並べて、僕のベストコレクションにしたいと思っています(笑)

さて、情熱大陸はサッカーの長友選手でした。体幹トレーニングが有名ですので、もちろんそのシーンもありましたが、それよりもちょっとした時に「すべてをポジティブに、前向きにとらえる」という言葉をスマートに言えることが彼の能力で、それを言えるようになった背景には幼少からの苦しい経験があったんだということがわかりました。

やってしまったことは仕方ない。どんなに結果がでなくても、それを糧にして同じ失敗を繰り返さず、最高の経験ができてると思って、パワーにしていく。

大きな目標を作って、その中で日々小さな目標をクリアしていく。そうやって、一歩一歩進んでいく、大変ですけどね、楽しいですよね。みたなことをさらっと言うんだから、強いよね。

雑草が大輪を咲かせる、絶対できる!

ちょっとアダルトな話。

新年2回目のこのブログアップですが、ちょっと健康や運動とは離れた話をしてみようかと。ちなみに今は深夜ですので、ご了承ください。

さて、いつもの情熱大陸は、ダンサーの紹介で、マイケルジャクソン一家に認められた、マイケルを崇拝する、楽しくなければダンスじゃないという元気なお兄さんの話で、型にはまらない生き方とダンスをされていました。苦労もしただろうけどあれだけ自由に生きれたそりゃあ楽しいよな、と感じさせる、すごい人でした。

大変なはずなのに、それを見せずに、人を楽しませ、全力を出す。ちょっと憧れます。

で、その後の番組で、田原総一朗とゆうこりんの対談の番組が流れていました。

こっちはまた強烈でした。

田原さんは1年のうちに休みは正月1月2日の1日だけで、「生きること=働くこと」。僕もかなり働いていますが、さすがにそこまではやってません。健康のために仕事をしているそうです。でも、仕事以外はまったくゼロ。なにもできない人だそうです。

テレビ上での田原さんは仕事熱心で、厳格な感じですが、彼は不倫していたそうです。それも25年間。25年ですよ。

その間、奥様が乳がんになり、9年の闘病生活の末、亡くなった。一生懸命看病して、その妻を愛し、亡くなったときは同志が亡くなった感じがしそうです。

その後5年して、その25年の不倫相手の方と結婚したそうです。娘さんたちも理解してくれたそうです。

後にその二人目の奥様も乳がんでなくなったそうです。それもすごいですが。

対談相手のゆうこりんは新婚ですし、最初は不倫を許せない、別に好きな人ができたら別れてきちんとすべきだといった感じでした。が、最初の奥様のことを愛していて、同志と思うくらい奥様が大事なのに、好きな人ができ、それが25年続いてしまう現実を見て、徐々に、「仕方ない」と肯定していました。

田原さんも、この自分の心をまったく整理できていないそうです。

番組のエンディングは、「惚れる」ことは「騙されてもいい」と思うこと。それでも信じることが「惚れる」ことだと、新婚のゆうこりんに田原さんが言っている感じで終りました。

さて、これをどう読むか。もちろん決して正当化できる話ではありません。美化することもできません。田原さんも正当化しようとはしてませんでした。男の勝手な理屈と言ってしまえばそれまでです。でも25年。どうなんだろう。愛って。人生って。

明日は介護予防教室の今のクールの最終日です。平均年齢は70後半の皆さんに、この話をしてみようと思います。みなさんに俳句や作文の宿題を出すことがあるのですが、案外、元彼のこととか、艶っぽい話が出てきたりするので、楽しみです(笑)

話は変わって、スポーツトレーナー育成科の修了生の会、EFCの皆さん、先日の勉強会お疲れ様でした! 改めて姿勢や骨の位置の重要性を認識していただけたと思います。また時間を作りますので、一緒に勉強を続けましょう! 今後のイベントが企画されているようですので、みんなで盛り上げていきましょう!!

年の初めに感じたこと。

あけましておめでとうございます。

エクサスは例年通り4日から営業を開始して、初日から快調にみなさん運動に来られていました。僕の今年の初仕事は三段ボックスの組み立てでした。どうしても整理しておきたかった僕の机の隣を整頓することから始めました。

なぜかというと、今年は心も体も身の回りも、整理した時間を過ごさないと、混乱してしまいそうな気が年末からしていたからです。で、年の初めにしなければならないことをメモに羅列して、整理しながら、早々から教室をしたり、事務仕事をしたりの一週間をすごしました。

年末にこのブログにも書いていたように、今年は「維新」します。みなさん楽しみに見守っていてください!

今夜(昨夜)の情熱大陸はお茶の千家の話でした。利休の末裔。僕はお茶の経験はありませんし、詳しくもありません。でも、伝統の一つの決まった動作の深さ、美しさを、現代に合わせていろんなアレンジをして、素人にもわかりやすく伝えていく。生まれた時から基本を叩き込まれている跡継ぎだから、それもできるわけです。

やはり本物の専門性を持って、はじめて幅が出てくるのです。僕もエクサスもそうありたいと思っています。運動のこと、筋肉や骨のことを常に専門家として追求しながら、それをわかりやすく、取り組みやすく表現していきたいと思っています。

そして、そのお茶の話。やはり姿勢が素晴らしかった。正しいというのか、自然な姿勢。例えば、悪い、無理のある姿勢から、元気な笑顔や正しい精神は生まれないし、逆に正しい姿勢で、元気がない声をだしたり、気持ちを落としたりすることも難しいはずです。

姿勢が正しい骨の位置や筋肉のバランスや呼吸につながり、メンタルや脳の働きにも影響するのはではないか。まだ調べていませんが、きっとそういう文献とかあるんじゃないでしょうか。誰が知っていたら教えてください。

つまり、正しい体のコンディショニングが、メンタルにもつながってくると思います。今年はご自身の姿勢も見直してみてください。

さて、EFC(エクサスファンクラブ)の活動も動きが出てきました。

今週は、久しぶりの特別授業をさせていただきます。先日終了した5期生との交流会も含まれているとのことで、楽しみです。

その次の週には、EFCも含めて、育成科修了生対象の資格関係の説明会をします。これも数十人の参加が予定されており、教室に入りきれない予定ですので、どういうスタイルにするか検討中です。

また、僕が市の保健福祉センターで現在開催中の介護予防教室も、EFCの数人のみなさんがボランティアに来てくれています。

頼もしい教え子たちです。

という嬉しい話もあれば、看板破損などのトラブルもさっそく起こった新年ですが、今年はオリンピックイヤーですから、僕も自分のオリンピックと思って、一つのまとめをしていきます。

ということで、年の初めに感じたことでした。お互いに頑張りましょう!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »