最近のトラックバック

« シンスプリント | トップページ | 介護予防スペシャリスト »

でんでらりゅーばー♪

仲里依紗さんが「でんでらりゅーばー」と歌いながら出ている車のCM、ご存知ですよね。長崎県民なら、「おお、あの歌が全国放送で流されてる!」と思っている方も多いのでは。

http://www.youtube.com/watch?v=LzXRGvwdqvQ

で、あの手の動き、気になりませんか?

手遊びみたいですが、僕は歌しか知りませんでした。何をやってるんだろう、と疑問に思っていたところ・・・以下、朝の話です。

僕は介護予防教室で指の脳トレをしょっちゅうやっているのですが、今日、その途中でふとこのCMのことを思い出し、皆さんに聞いてみました。そしたら、ある受講生のおばあちゃん、いきなり歌いながら手遊びを始めたのです!

いつも指の脳トレ、あれだけできないのに、まるで水を得た魚のように「でんでんでらりゅーばー♪」と歌いながら手をしゃきしゃき動かし始めるではないですか(笑)

それそれ、それなんですか!?って感じで驚いて聞いてみたら、子供の頃に手遊びをやっていて、今でもそれが身についているそうです。びっくりでした。

それからしばらく、僕の教室は、そのおばあちゃんの教室になってしまいました。けど、とても楽しくて、まるで昔の女学校(知らんけど)状態で、かなり盛り上がりました♪

で、僕もこの手遊びをマスターしたのですが、僕も含めて、はじめてした人には、立派な脳トレの時間になったと思います。けど、この先生役のおばあちゃんにとっては、この運動はあまり脳には効きません。それは、神経運動が錐体外路系(不随意)になるので、脳まで刺激が届かないからです。

簡単にういと、慣れて、あまり考えないでできる反射に近い動作は、脳にはあまり効きません。意識をして、脳と神経を使ってこそ脳トレになるんです。これはあらゆるスポーツにも言えることです。トレーニングして、動作に慣れると、錘体路系から、錐体外路系に神経支配が変わり、動作に無駄がなくなり、洗練されるのです。そうするときつくない。スムーズにできるのです。

けど、刺激を増やそう、たくさん消費カロリーを使おうと思えば、無駄が大事です。ぎくしゃくするくらいでいいのです。そうすれば脳に、筋肉に刺激が入ります。慣れてスムーズにできてきたら、脳は喜びます。でも、刺激は薄れます。だから、慣れたらわざと変化をつけるのです。

人生も経営もそうなのかな。慣れたら停滞してしまう。風を自分で吹かせて、ぎくしゃくしながらも新しいことに挑戦してこそ、新鮮な刺激が入る。そうないと腐っちゃう気がします。

ということで、僕は今週末、新しいことに挑戦しに東京に出張してきます。その報告はまた後日。

では、寒い日が続きますが、エクサスでどんどん汗を流しに来てください!

« シンスプリント | トップページ | 介護予防スペシャリスト »

エクササイズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。